電話占いのサイトによって結果が違う場合はどうする?~占い師によって鑑定内容がバラバラの時は~

電話占いの効果

電話占いをはじめとした「占いサイト」は、気軽に受けることができることから
複数のサイト・占い師の先生を”掛け持ち”している方も珍しくありません。

病院に通院する際の、「セカンドオピニオン」とも言える行為になりますが
そういった場合には「鑑定結果の違い」という、新たな悩みの種が生まれてしまうこともあります。

実際には、非常に”ありがち”と言える問題でもありますが
異なる鑑定結果を効くことで、逆に余計に不安になってしまうことも珍しくありません。

そういった場合に、どうすればいいのか?を自分なりに整理しておくことが必要であり
また2つの結果を”うまく利用する”することで、新たな道を切り開けることもあります。

”どちらか”をとるか”両方”受け入れるか

2つの異なる結果を聞かされた場合には、

  1. どちらか1つを信用する
  2. 両方共受け入れて自分なりに整理してみる

基本的なスタンスとしては、以上の2つになるはずです。

もちろん、最終的に決断するのは自分自身になりますが
<どちらかの意見はないものとする>のは、あまりおすすめできません。

それは、”2人の先生に聞く意味”がなくなってしまうためです。

「最初から聞かない方がよかった」となるのは、もったいないことです。

そしてそういった考えには、「危険な罠」が潜んでいます。

人間は悪い方を”なかったこと”にしがち

基本的には、最初は1人の占い師の先生から鑑定を受けるはずであり
その後に”別の先生に”となる際には、最初の先生から「嫌なこと」を聞かされていると思われます。

それを受け入れることができないからこそ、別の先生に相談するのはずなのです。

そして、その結果・・・

いいことを信じ

悪いことを信じない

という典型的な思考が働き、どうしても「自分が望ましいと思う方」を信じてしまいがです。

これでは占い鑑定を利用する意味が、半減してしまいます。

もちろん「別の意見も聞きたい」ということで、再度別の先生から鑑定を受ける人もいるはずですが
だからこそ2つの意見の両方を参考にして、今後を考えていく方が合理的なのです。

「情報」は多ければ多いほどいいもの

そもそも、

  • 生年月日
  • 手相
  • 血液型
  • タロット

と占いの種類は様々なものがあり、それら全てが”合致”することは非常に稀です。

できる限り多くの情報(結果)を組み合わせることが、本来は最も効果的な方法なのです。

そのため「2つの結果」が存在することを、プラスに受け止めるべきと言えます。

因果関係は常に変わり続ける

最初に占いの鑑定を受けた後に、別の先生に鑑定してもらうまでには

  • 心の変化
  • 行動の変化
  • それによる日常の変化

と、様々な<変化>が起きているはずです。

これは最初の鑑定を受けなれば、変わらなかったはずのものです。

つまり「最初に鑑定を受けた自分」は、もう存在しないのです。

その後に受ける鑑定結果が、全く同じものにならないのは当然のことです。

多くの意見を聞くことはプラスになるはず

占いの鑑定結果による助言は、様々なパターンが存在します。

恋愛に関することであれば、

  • その人にするべき(やめておくべき)
  • 浮気されている(されていない)

という、ある意味で「2つに1つ」の結果が聞かれることもあれば

  • いつ頃運命の人が現れるか
  • うまくいくためには何をすべきか

という、曖昧な結果が聞かれることになります。

いずれにしても、「どれも違うような・・・」と不安になることは意味がないことです。

何よりも受け入れて、考えや行動を少しでも変えることが鑑定を受ける意義と言えます。

最初は”きめうち”で鑑定を続けてみることも

話は元に戻ってしまいますが・・・

特に電話占いを利用し始めたばかりの頃は、いろいろな鑑定を受けてみることも大切な一方で
「とりあえず信じてみよう!」と思える先生に、早く出会うことも大切です。

「無料ポイント」等が付いてくるサイトも多く、
「せっかくだから、いろいろな先生の話を聞こう」となるのは当然のことですが
少し試した後に、”じっくり相談してみる先生”を決めてみましょう。

これは全ての相談に言えることですが、「自分が信用できる先生」を見つけることは
今後占い鑑定を利用して悩みを解決してくためには、必要な段階であると言えます

そしてそれが早ければ早いほどに、自分自身の”受けるスタンス”も早くできあがってきます。

”とりあえずゆだねてみる”ということは、占いサイトを利用する際に非常に大切なことです。