夫が浮気しているかもしれないと悩んでいる・もし実際にしていたら~離婚する?占いで分かる?~

夫婦仲と恋愛に関する悩み

”ある程度”の恋愛経験がある方、長い夫婦生活を送ってきた女性であれば
「男女間」のトラブルは、経験したことはある方も多いと思われます。

もしかしたら、”初めて”という方もいらっしゃるかもしれませんが・・・

やはり最も典型的な男女間のトラブルとして、「浮気」に関わるもののがあります。

「どちらがやったにせよ」

静かに収まるものではない、典型的な修羅場です。

そして、そうは言ってもやはり”男性がやった”浮気の割合は圧倒的に多く
夫の浮気に泣かされた、今現在悩んでいる、という女性はいつの時代もいなくなりません。

もしも本当に浮気していたらどうするものなの?

もし、夫である「人生のパートナー」が本当に浮気していたとして
その時に、「妻である自分」がどういった行動をとるのか・・・

考えうる要素は様々なものがありますが
実際には、「許す」と「即別れる」という判断は半分半分という結果が多いようです。

「夫」でなく「恋人」の場合は、分かれることが多いようですが
やはり「子供の有無」は、非常に大きな要素であり
いるのであれば、「とりあえず許す(子供のことを考えて)」方に
いないのであれば「有無を言わさず別れる」ことに傾きがちだと思われます。

また、現実としては「1回目は許す」という女性が大半であるようです。

「意外・・・」と思われた方は、多いでしょうか?

実際にされたことがある・無しでは、行動に違いがでるものです。

どちらに共感するかは、人ぞれぞれになりますが
もちろん、中には「絶対に許さない」という女性もいるはずです。

本気で叩きのめす!という場合には

「極めて疑わしい」

というよりも

「ほぼ確定」というには、「証拠を掴んだうえで問いただす」ということが最も相応しいと考えです。

「知っているけど、知らないふり」をする姿勢は、必ず破綻します。

「問いただした後」の展開は、夫婦それぞれですが
相手に対して「分かっているんだからね!」と突きつける必要は、必ずあるはずです。

そしてその際に問題になることは、「証拠がない」ことになります。

「99%」の確証が必要であり、必要なものは手に入れるしかありません。

証拠を掴むためには「調査」が必要であり
主に「尾行」という手段によって、行動を把握することが中心になります。

「素人」である、主婦にはなかなか難しいことであり
そういったことは、やはり「プロ」に相談することが現実的です。
「探偵」と聞くと、映画や小説の中の話と思う方も多いかもしれませんが
実際には「探偵事務所」というのは、意外に多いものなのです。

ひと昔前は、確かに「怪しい」というイメージ通りの事務所も多かったですが
最近では「明朗会計」「良心的」な事務所が増えており
「組織化」していることで、一般企業に近づいている「会社」として
しかkりりと運営されている探偵事務所が、ほとんどになります。

”はっきりさせる”ことは必要

実際に「ここまでやる」と言う女性は、

  • それまで我慢してきた(不満が多かった)
  • 心の底から夫を愛してた

2つのうちの、どちらかだと思われます。

特に後者の場合には、やりきれないことも多く
また前者の場合に関しても「あの野郎!」と、怒り心頭なはずです。

せっかく「探偵を雇う」ことが、特別なことではなくなってきています。

「自分にはやましいことはない」のであれば、有効な選択肢の1つであり
相談・見積もりは無料であるため、ぜひ一度はコンタクトしてみましょう。

自分が本当にしたいことが、はっきりするきっかけにもなるはずです。

「どうして浮気してしまったのか?」と考えることも必要

夫婦仲というのは、夫婦によって非常に差があるようであり
おじいさんおばあさんになっても、手をつないでいられる夫婦もいれば
入籍後、半年で悪化しまう夫婦もいます。

堅く結ばれたはずであっても、結局は他人同士であり
いずれにしても、完全に分かり合うことは難しいものです。

そして、この夫婦仲をこじらせてしまう出来事に
「浮気」という要素があり、「性格の不一致」と並び
離婚理由の、大きな割合を占めている問題でもあります。

「なぜ」という”理由”に関しては、「魔がさして・・・」という回答が最も多いようです。

しかしながら、実は「夫婦関係(どちらか一方からを含む)が悪化していた」というケースや
「夫婦の営みがなくなってしまっていたから」というケースが多いようです。

「多くの交配相手を見つける」という「本能」も
「言い訳」ではありますが、実際には全く関係がないわけではなさそうです。

”本能が強い人”も、いることはいます。

いずれにしても「不満」と「性欲」が、大きく関わっていることは間違いありません。

念のため、男性側の名誉も考慮した場合・・・女性もまた例外ではありません。

そもそも”どこから”浮気になるのか?

「何をしたら」「どこからが」浮気になるのか、ということは
あくまで女性側(男性側も)の、主観の問題になります。

「2にんだけで」食事をしたらアウトという人もいれば
「手をつないだら」というスキンシップが境目になることもあるようです。

しかし、

というよりも、やはり

「性行為」は「100%アウト」

という人が、ほぼ全員のようです。

浮気が始まる時期と期間

結婚後にいつから浮気が始まるのか、
この時期に関しては、詳しい時期というのは人それぞれであり
「正確なことは暴露しない」ため、不明な要素になります。

また、

  • いつから始まったのか
  • いつ発覚したのか
  • どのくらいの期間続いていたのか

というのは、別問題になります。

ただ「始めちゃう」時期に関しては、
「3年目の浮気ぐらい多めに見ろよ」という歌詞の歌があるように
3年目というのは「うっかり」してしまう時期でもあるようです。

あらゆる理由で、「3年目だし(3年経ったし)」と考えてしまう男性も多いようです。

「何かある」かもしれない、「何か始まる」としたらこの時期に注意すべきかもしれません。

また意外にもこの次に多い時期が、入籍から1年目ということであり
結婚式を終えて、また結婚式と重なる時期に発覚し、そのまま「破談」となるケースもあるようです。

また不倫相手と出会う場所に関しては、「会社」が圧倒的に多く
次に「飲み屋(お酒の席)」や「キャバクラ」といった、”夜の街”での出会いになっているようです。

浮気の”処理”はどうすればいいのか

そして、この浮気問題について・・・

「どう<けじめ>をつるか」に関しても、夫婦それぞれの問題になります。

「1回目は許す」という女性は、意外にも多く
「即別れる」という意見と同程度の割合のようです。

いずれにしても、「疑念」が生じることは間違いないものですが
「完全には許さない」という気持ちの一方で、「子供達のために分かれない」という女性も多いようです。

こういったケースは、何よりも”証拠”が必要であり
「疑い」や「懸念」の状況では、”もやもやするしかない”ことが現実です。

そういた際に、どうすればいいのか気軽に相談できること
アドバイスを受けるために、電話占いの鑑定を受けることはおすすめです。