「自分は幸せではない」と感じている女性に足りないものとは~どうしても他人と比較してしまうのはどうすればいい?~

人には言えない悩み

人というのは、「いいもの」よりも「悪いもの」を見る傾向があります。

実際に、「幸せな情報」よりも「不幸な情報」の方が需要があり
有名人の「結婚」より「離婚」や「不倫」といったもの、
そもそもニュースといったものは、基本的には「他人の不幸」が放送されます。

他人の幸せ、他人の不幸、いずれにしても、それらの情報を得た後には
必ず<比較>をすることになりますが、その際に「自分が幸せでない」と考えてしまう
自分の状況を卑下してしまう傾向が、男性に比べて女性に多いように見えます。

”心あたり”がある方や、「最近多くなった」という方も多いはずです。

生きている時間が長いことによって、「差」というものが生まれます。

そもそもその”差”を感じている時点で、比較が完了しているのです。

そして、たいていは「自分の幸せ度が劣っている」という結論に落ち着きます。

まるで、”落ち込むために比較する”とも言える行為です。

中年以降は”差が付いている”ことでより意識してしまう

悪い言い方をすれば、

あらゆる点において、自分と他人を比較することは
女性にとっては「持病」とも言えるものになります。

典型的な例としては、「自分の年収」ではなく、「夫の年収」の比較です。

自分に関わるものを、全て・細かく・常に比較をしているのです。

冷静に考えれば、

「自分の夫」と「比較対象の夫」を比べること

つまり「他人」と「他人の配偶者」を比べることは、少し違和感があるはずですが
結局は、”自分がどの程度の男を捕まえた(見染められたのか)”を確かめる行為なのです。

「比較するために、比較する」という、なんとも複雑な行為です。

「年収」というのは、典型的なものになりますが
それら以外にも、「子供の成績」といった要素が無限に存在し
この女性の性というのは、中年以降に”MAX”になるのです。

それは、”比較対象が増える”という単純な理由です。

「隣の芝は青く見える」と昔から言うように、基本的には「他人の環境」はよく見えるものです。

そして、比較は”絶望の素”でもあります。

他人の方が、自分よりも幸せように見えるのは
まさに「比較しているそのもの」の感情と言えます。

しかしな「比較しない」ということができないからこそ、絶望がなくならない理由でもあります。

<満たすために頑張る>ことは大切

比較というのは、避けられないものになりますが
その「症状」を少しでも軽くするためには、何が必要なのでしょうか?

それはやはり、少しでも「承認欲求(他人に認めてもらいたい)」を満たすしかありません。

男性に比べて、女性は承認欲求が低い傾向が見られますが
その「弊害」として、「代わり」として「比較」をしているようにも思えます。

現在では、女性でも<仕事で活躍する>という道もあります。

これほど女性の社会進出が進んでいない時代には
承認欲求が満たされることなく、比較するしかありませんでした。

そのため、「比較から自由になる手段」が多い時代でもあるのです。

1つの典型的な「ミッドライフ・クライシス」として受け入れる

中年以降の「私の人生これでよかったの?感」というのは、
男女関わらず経験する感情であり、「ミッドライフ・クライシス」と呼ばれることもあります。

これは

  • 周りとの差
  • これからの自分

こういったものが、明確になってくることも大きく影響しており
言わずもがな、「比較」をするという行為が発生します。

その時期に、「まだ自己承認欲求を満たせない」場合には
より”重症化”してしまうことも多く、非常に危険な状態と言えます。

<仕事で輝く>ことで、<自己承認欲求を満たして比較をやめる>ことが
解決策になることもあるとしましたが、仕事に打ち込むなら打ち込むで
”更に比較対象を増やしてしまうことになる”こともまた事実です。(仕事とは競争でもあります)

  • 結婚
  • 出産
  • 家庭
  • 仕事
  • 子育てしながら仕事
  • 育休をとるとらない
  • 子供はあきらめる

要素・組み合わせの選択肢が、異常に増えていることも確かです。

もしかしたら、「楽になるための選択肢が増えている」のではなく
より楽になることが難しい世の中になっているのかもしれません・・・