本当に好きな人と結婚した?付き合ってる?~自分は夫や恋人を愛しているのか不安な場合に電話占いはおすすめ~

夫婦仲と恋愛に関する悩み

今の旦那様、もしくは恋人のことをあなたは本当に愛しているでしょうか?

「当たり前じゃない!」と言う人

少し考えた後、「当然!」と言う人

「昔はね」と思い出す人

「そうでもない、なんとなく」と思っている人

「もう、愛はない・最初からなかった」という人

人それぞれ、夫婦それぞれ、様々な現実があると思います。

なぜ今一緒にいるのか?

まず”どうして籍を入れたのか?”に関しては、「プロポーズされたから」という意見が多いようです。

非常に単純とも言えますが、それには「時代」も大きく関わっています。

そもそも、それをOKする理由としては

  • 本当に好きだったから
  • いい年で、もう後が(今しか!)ないと思ったから

という、プラスの意見・マイナスの意見が
ほぼ半分半分のようであり、一概には言えません。

しかし、やはり

「当時は、収まるところに納まりたかった」

という女性も多いようです。

決して珍しい例ではありません。

「現代の中年女性」というのは、母親が”昔ながらの女性”だった傾向があり
その方達が「恋愛適齢期」を過ごした時代というのは、

現代に比べ・・・

  • 一定の年齢に達した女性は結婚するべき・しているべき
  • 「家」に入るべき
  • 子供を産むべき

という社会的な圧力が強かった時代です。

そういった女性を見て育ったのが、現代の中年女性なのです。

”できちゃったから”と言うカップルはけっこう多い

また、最近の傾向では結婚した理由として

「子供ができたから」

ということがキッカケになるケースが非常に多いようです。

最近のカップルの傾向として

「できちゃった結婚に抵抗が無い」

ということが挙げられます。

「あくまできっかけの1つ」ではありますが
結婚という、大きなイベントを決定づける要因としては
十分な要素であることは、今も昔も変わりありません。

「女性本能」がパートナーを求める?

上記したように、順番が逆になってしまった場合もありますが
「結婚したかったからした」理由として、

  • 子供が欲しかったから
  • 家庭に憧れていたからと

いう意見も少なくなく、”早くお母さんになりたい”という女性が多かったことがわかります。

<妥協>が必要なくなっている時代

現在交際中の人でも、上で紹介したような理由で結婚する・したい人も多いと思われます。

「夢と現実」という言葉は、仕事に関することと同時に、「家庭」に関わる話題の中でも耳にするものです。

女性の場合は、男性よりもはるかにリアリストである傾向があり
よく言えば「受け入れる」悪く言えば「妥協する」ことができる人が多いです。

そのため「まあ、この人でいいか」という判断ができます。

本来はであれば・・・

しかしながら、現代では「妥協するくらいなら結婚しなくてもいい」という人も
徐々に増え珍しくはなくなっており、確かな現象でもあります。

無理して交際・結婚する必要がないからこそ運命を待つ?

「女性は結婚して家に入る」という時代はすでに過ぎ去り、
女性の社会進出が盛んになったことで、一人で生きていける経済力を身につけている人も沢山います。

その目的は、

「結婚しなくても生きていける」女性になることであり

「男性を選べる」女性になることではないでしょうか?

その結果として「男性を選ぶ基準が上がっている」と考えられます。

それは「支えてもらう必要がなくなった」ということでもあり
1人の女性が、無理して男性に尽くす必要がなくなった
裏を返せば「本当に好きな人」と、結婚ができるようにもなったということでもあります。

探し続ける価値はあります。

恋愛、結婚、パートナーとの関係に関する悩みは、”占い師によせられる最も多い悩み”です。

「典型的な相談」であり、その道のエキスパートもたくさんいます。

性別には関わらないものですが、男女占い師の両方に相談することもおすすめです。