離婚歴があっても恋愛していい?交際を楽しむ権利はある?

人には言えない悩み

たとえ「バツイチのオバサン」だとしても、恋をする権利はあります。

というよりも、

「バツニ」や「再婚」といったことは、全く珍しくない時代であり
自他ともに「恥ずかしい」と思っている人・抵抗がある人は、非常に少なくなっています。

1人で楽しく生きていく

気軽に「次」を探す

といった、様々な”その後”の選択肢があります。

社会の成熟と共に「恋愛先進国」になったことの象徴でもあり
それに伴い「新しいパートナー」を、探している女性も増えているようです。

まだまだ「オンナ」でいてもいい

「性差別」とまではいかないまでも、男性に比べて
女性の「バツイチ」というものは「恥ずかしい」という風潮がありました。

それと同時に、もう一度新たに「恋をする」「結婚する」ことに対し
一歩踏み出せない(踏み出しづらい)傾向があり、実際に難しい現実もありました。

「バツイチは嫌だ」という「男性側の感覚」もありました。

それは「結婚」を意識した際に、相手の親族の印象にも大きく関わっており
「バツイチの嫁はダメ」といった感覚の家庭が多いことがあったことも事実です。

しかし、現在は「バツイチでもいい」という男性も多く
年配の人の感覚にも、徐々に影響を与えています。

これは「レズ」や「ゲイ」といった「セクシャルマイノリティ」への
理解が深まっていることと、大きく関連しているはずです。

「好きにしていいじゃん!」という風潮が、強くなっている流れの一環です。

もう一度「ゴール」を目指すのかは本人達次第

当サイトでも何度か話題にしていますが、”一定の”年齢を超えている女性に関しては
「恋人」に求める条件として、「結婚してくれること」というものがありました。

本気で恋愛がしたい独身中年女性の「理想」と「現実」と「本当に必要なこと」
「恋に焦がれたい」 いくつになってもそう思っている女性 そして、もともとはそういった願望がなくても ある日を境に「オンナ」としての”目覚め”が訪れることも。 「ときめき」の欲求は、いつやって来るのかは、自分でも分からないもの...

しかしこれは「未婚」の女性の事情でもあり、「結婚はしたことがある」バツイチ女性に関しては

  • もう一度「結婚」したい
  • 「恋愛」だけを楽しみたい

ということが、両極端なようです。

「今度こそ!」という女性と「もうコリゴリ」という女性で大きく分かれるようです。

現在は、特に”結婚”を意識しないバツイチ女性が増えているようです。

子供の有無が大きな要素になることは間違いない

また「バツイチ女性の恋愛」を考える際に、「子供ががいるかいないか」ということは
「再婚」するにしてもパートナーを求める段階においても、非常に大きな要素になります。

子供を持つバツイチ女性は、バツイチであると同時に「シングルマザー」でもあります。

昔は「コブツキ」等と、ひどい言われ方をされたいた時代もありました。

この問題だけは、現在でも”やや”残っている課題になります。

男性の立場を考えても、抵抗がある人が少なくなく
また、女性にとっても「デート」の予定を立てることが難しくなったりと

「いない女性」に比べれば、ハードルが高いことは間違いありません。

こう考えると、やはりまだまだ課題はあるように思えますが
そういった「仕方がない」ものは、いつの時代も受け入れるしかりません。

それでも、現代の日本で許される「バツイチの恋」は楽しべきものでもあります。