家事・育児に疲れてしまった仮定から逃げたい専業主婦の悩み

人には言えない悩み

世の中に存在する、あらゆるメディアが
基本的には「幸せになる方法」を、人々へ投げかけています。

確かに「不幸になる方法」には、需要があるわけもなく
そういった傾向になることは、当然のことでもあります。

しかしながら、現実はそんなに幸せな人だけが存在しているわけでもなく
”メディアはメディア”ということもまた、多くの方が理解しているはずです。

と言いつつも・・・

「こんなオシャレな・楽しい人生を送っている人は限られている」

ということを、頭では理解していても
どうしても、自分の状況と比べてしまう方は多いはずです。

いわゆる「キラキラ」してものに対し、疑問を持ってしまう
嫉妬や劣等感を隠すことができなくなってしまうのは当然のことです。

そしてそういった傾向というのは、「やることのほとんどが家のこと」という
閉ざされた空間の中で人生の多くの時間を送っている、「専業主婦」に多いと言えます。

人生において「家族が全て」になってしまっている状況

「私はそんなに幸せだと感じていない」

こういった思いが募っている女性というのは、<発散する>」という行為の”やり場”がないと言えます。

「仕事から逃げたい」という方は、男性・女性に限らず多いことですが
「家から逃げたい」と思ってしまうのは、やはり”家が全て”である証拠でもあります。

男性に関しては、「家に帰りたくない」という特有の傾向もありますが
「逃げたい」と「帰りたくない」とでは、やや事情が異なります。

もちろん、両方とも悩ましいことには違いありませんが・・・

しかしながら、「常に充実した生活を送っている」という人間の方が稀であり
定期的に全てを投げ出したいと思うことは、何も不思議ではありません。

ストレスに罪悪感を感じてしまうことも

「悩み」というものには、必ず何らかの「原因」が存在します。

最も多いものとして、やはり「ストレス」が挙げられ

  • 家事
  • 育児
  • 姑問題

様々な状況を想定することができますが
「漠然としたストレス」というものも、非常に多いと言えます。

いわゆる「ノイローゼ」と呼ばれるような症状です。

「一時的な育児ノイローゼ」に関しては、経験する方は少なく
手のかかる時期は終わった後に、なぜかイライラしてしまう。

その状態に対して、罪悪感を感じる等様々です。

また「家庭不和」や、成長した子供との接し方・・・

とにかく、人それぞれ悩みにも個人差があるものであり
「悩んでいない人はいない」という考え方も大切です。

もう夫と離婚したい~パートナーと別れたいと思っている女性に多い理由とは~
「晩婚化」が進んでいる現代ではありますが、一定の年齢を超えた女性ともなると やはり結婚している人は多く、またその「結婚暦」も長いことが多いものになります。 一方で、その”夫婦仲”はそれぞれであり・・・ 未だにラブラブな夫婦 ...

とにかく<発散>する場を作るしかない

ストレスは、とにかく発散するしかありません。

そして、この問題の根底には「家にいる時間が長いこと」も影響しているはずです。

「家の中が人生の全て」という状況に、基本的な問題があると言えます。

最も簡単にできることと言えば、定期的に外に出て友達に会う、といったことや
また「習い事」といったことや、「もう一度働き始める」という選択肢もあります。

これらには、「子供が小さい」という事情もあったり
妻が外で働く・遊ぶことに対して、よく思わないパートナーの問題等もあります。

そもそも「そんなんだからストレスが溜まる」わけであり
基本的には「そんな状態」が多いと言えます。

しかしながら、鬱屈した状態を打破するためには
ありきたりですが、何か「目標」を持つことが大切です。

ただし、その対象が「教育」等になってしまった場合には
また新たな火種となることも、忘れてはなりません。
(スパルタ教育の問題は、コンプレックス・ストレスを孕んでいます。)

あくまで「自分の問題」として、立ち向かうことが必要です。

もし逃げてしまったらどうなるか?も考えておく

現実問題として、「本当に逃げてしまったらどうなるのか」
その「結果」を想像して、思いとどまっている女性は多いはずです。

しかしながら結局は、実際に行動に移してしまったとしても

  • 許される状況なのかどうか
  • 関係者が許してくれるかどうか

この2つの要素以外には、判断できないものです。

乳幼児を残して逃げてしまい、不幸な事故が起きてしまえば
おそらくは許されないことになるはずですし

2~3日家出した程度では、現実は変わらなかったりします。

大切なことは、「取り返しがつくかどうか」という点に過ぎません。

過ぎませんが、大切なことなのです。

幸せ過ぎるから(刺激がなさすぎる?)

特に「キャリアウーマン」だった女性に多い傾向ですが
家庭に収まったことに対して、「私の人生はこれでいいのか?」
刺激の足りない生活に対する不満から、ストレスを感じている女性は多いようです。

「平凡な幸せすぎる」という状況です。

家事や育児が、時給に計算されることが度々ありますが
そもそも時間や幸せというものは、お金に変えられないものです。

しかしながら、それでも不満が溜まるのが人間でもあります。

「改めて、一度幸せを噛みしめる」ことが一、番大切なのではないでしょうか?