「中年処女」だから恥ずかしい?~男性経験が無くて求めているなら一歩踏み出すしかない~

人には言えない悩み

「中年」とは、一般的には「45~64歳」を指すようですが
このサイトの定義に合わせ、ここでは「33~55歳」と考えます。

そのくらいの年齢に差し掛かった男性の中で、”女性経験がない”
いわゆる「中年童貞」の増加が、度々メディアに取り上げられています。

一方で、その反対(男性ではなく女性)ももちろんあるはずであり・・・

”ドキッ”とした人も、いるのではないでしょうか?

「性」にまつわる話を人前ですることは、基本的には”はしたない”という印象がありますが
世の中の人の多くが、他人の「恥ずかしい話」に興味があるからこそ
「中年童貞・処女」といったトピックが、話題になっているはずです。

どんどん「可能性」が低くなっていく問題

世間一般の価値観として「童貞は恥ずかしい」

という一方で、

「処女は貞操観念が強くてよろしい」という印象を持っている人もいるようです。

しかしながら、恐らくそれは「若年層」においての話になります。

年をとって・若くはなくなってからはで、男女いずれにしても”いい年して”という
「問題がある」と捕らえられることが多くなるはずです。

非常にプライベートな問題のため、正確なデータを求めることができませんが・・・

25~40歳の未婚女性の、およそ20~30%の人が
男性経験(もちろん交際経験)がないとされており、
30歳以上では、ほとんどその比率が変らないことが特徴的です。

つまり30歳までに経験をしなかったら、その後に経験をする機会がないということになります。

新たな「格差」の1つ

昔は「ヤラハタ」といって、やらずに(経験せずに)「二十歳」を迎えることは
「遅れていること」とされていた時代もあった?ようですが、
本来は他人と競い合うものでもなく、まして「目標」とするものでもないはずです。

そして、現代では若年層~中年層全ての年代を含め
性経験は低下している、というよりも極端になっています。

「性」の問題に関して、”ませている”層と”冷めている”層が極端であり
「経験層」の低年齢化と「未経験層」の高齢化が同時に進んでいます。

「晩婚化」は「お見合い」が衰退した結果でもある

こうした異性経験の割合の推移には、「晩婚化」が影響していることは間違いありません。

「結婚する相手だけ」という覚悟の女性は今でも少なくなく
男性も「他の男と経験のない女性を」求めている人もいるようですが、
皮肉にも、この両パターンが「売れ残っている」場合も多いようです。

本来であれば、お互いにピッタリの条件ではありますが
理想を求めるあまり、「ミスマッチ」が起きてしまっていることもあるようです。

そしてそれには、背中を押してくれる「お見合い」という
制度が衰退していることも大きな原因だと感がえられます。

お見合いとは、元々興味が無かった男女を<くっつける>制度でもあり
いい面と悪い面があるかもしれませんが、結果的に「経験」につながるイベントでもありました。

実際に、「童貞と処女同士」というパターンも珍しくなく
そういった男女が、経験するチャンスがお見合いだったはずです。

「さすがにまずいかも・・・」と考え始める女性も多い

現代において、「中年処女」という存在は決して珍しくなく
むしろ「そこ」に重きを置くことに関して、価値観が薄くなっている傾向もあります。

上記した”やらはた”という言葉があったように、ひと昔前であれば
経験が無く20歳(はたち)を迎えることに関して、「遅れている」という風潮もありました。

一方で、「20歳って、そんなに遅くなのでは?」と
”その時”は、それほど気にしている人も少なかったはずです。

とは言っても、

そうは言っても、

特に「30歳」という節目に差し掛かかってから
「さすがにまずいかも?」と思い始める女性が、急増することも確かなことでもあります。

「交際経験が無い女性」に関しても、近年は増加傾向にあり
つまり「恋愛経験がない=その先の経験もない」という、至極当たり前の現象が増えているのです。

なんだかんだ言っても「最初の一歩」を踏み出すしかない

ここでは、「何とかしたい」と思っている女性にスポットを当てて
どうすればいいのか?ということに関して、考えていきます。

とはいっても、方法はただ1つです。

「経験」するための、最初の一方は「お付き合い」であり
これに関しては、ほぼ全ての人が共通の認識を持っているはずです。

時には「段階を飛ばして」経験する人もいるようですが
処女の段階で、そういったことに及ぶ女性は稀です。

もちろん、そもそも「興味がない」という女性も多いかもしれません。

それでも「最初から可能性を除外している」という可能性もあり
やはり「日常の中」から、可能性を探していく必要があります。

詳しくは、

本気で恋愛がしたい独身中年女性の「理想」と「現実」と「本当に必要なこと」

以上の記事でも解説していますが、ここでは”考え方”を補足していきます。

「考えもしなかった相手」も含める

まず、「アラサー・アラフォーから恋愛って・・・」等と
少し恥ずかしく感じる方が多いかもしれませんが、現代では「べつに普通のこと」です。

そして、その「前提」がまず邪魔をしている可能性があります。

例えば「社内恋愛はちょっと・・・」と思っている人は、
つい「社会人サークル」といったものに足を運びがちですが
会社内の身近な独身男性も、「候補」に挙げてみることも大切です。

「運命の人を待たない」ことが、「現実的な恋愛」の第一歩になるはずです。

近頃では「街コン」いった、見ず知らずの人とお酒を飲むだけのパーティーも催されており
「いかがわしい」ものでなく、ごく一般的なものになっています。

合コン・街コンとは、「簡単に断ることができるお見合い」とも考えられます。

始まってもいないのに心配しない

身近な人はいやだ・知らない人はちょっと

という考えでは、いつまで経っても前進することはできません。

とにかく<踏み出す>ことが何より大切であり、その後のことは「相性」という他ありません。

恋愛に悩んでいる人、特に経験がない人というのは
始まってもいないにも関わらず、先のことを心配しがちです。

「失敗」を「経験」と考えられるような、まずは「心の壁」を破壊することが大切なのです。

そもそも「恋愛」や、その先の「行為」に関して全く興味がない人もいれば
本当は興味があるけれど今まで踏み込めなかった、という人もいたりと男女問わず理由は様々です。

まして、「経験が多いほどいい」というわけはなく
本来はむしろ逆であり、慎重に考慮すべき対象ということは大前提です。

ただしもし変わりたいというのであれば、今すぐ行動を起こすべきであり
「慎重すぎたかも」と悩むよりも、まずは行動することが大切な問題の1つです。