ずっと独身だったけど最近になって急に結婚したくなってきた時にはもう中年に差しかかってしまった女性の悩み

人には言えない悩み

「結婚なんてしなくても(できなくても)いい」

”本心”から、そう思っている人も多いと思います。

しかし、心のどこかでは・・・

「でもやっぱり、本当は結婚したい」

そう思っている人が多いことも、また事実であるはずです。

「見栄」や「プライド」何より「自分を納得させるため」

オンナの人生は、オトコよりもはるかに大変なものなのです。

「晩婚化」という言葉は、あらゆるメディアが女性の人生について語る際に
必ず取り上げることになる、「現代を象徴する現象」と言えます。

これを聞いて「仕方がない」と安心してしまう女性も多いと思いますが
それは1つの”罠”であり、晩婚化とは言え平均初婚年齢は「28~29歳」の間で推移しています。

本当は、<油断>をしていてはいけないのです。

もう一度、よく考えてみる必要があることなのです。

まずは自分に正直になろう

しかしながら、実際に「独身中年女性」は珍しくありません。

また、相変わらず10代での妊娠・結婚・出産もまた多いケースであり

あくまで、これらの平均値が「28~29歳」ということになります。

「年齢」で結婚の判断することは時代遅れであり、特に「先進国」と呼ばれる国々には似た傾向があります。

そういったこともあり、焦ったり・悩んだりするのではなく
「遅くてもいいじゃん!」と開き直ることもできるものでもるのです。

これから始めても、今初めて、何も問題はないのです。

まずは”ホントのところ”結婚したいのか・したくないのかと、自分に正直になって考えてみましょう。

ここで「やっぱりしなくてもいい」と考える女性も、当然います。

最近ではウェディングドレスを着て、”1人”で結婚式を挙げる
「ソロウェディング」といったものを提供している会社・結婚式場もあるようです。

このサービスが始まった当初は「そんなの流行るの?」といった意見が大半でしたが
この「ソロウェディング」を扱う会社は増えており、それだけ需要があるという証拠でもあります。

でも「どこか寂しい」という気持ちがある女性も多いようであり
できることであれば「ちゃんと結婚式を挙げたかった」ということになります。

相手がいて、初めて「結婚」と言えるものであるはずででもあります。

どうして結婚したいのか?

そして、自問自答の末に「やっぱり結婚したい」となった場合には
その次の段階として「それは、なぜなのか?」ということを考えてみましょう。

「目的」をはっきりとさせることで、次にとる行動が明確になります。

  • 世間体
  • 老後が寂しい
  • 子供が欲しい

どれも、立派な理由になります。

何よりも、ずっと1人というよりは
「理想から多少遠い」としても「パートナー」がいる方が

これから先の人生が、充実したものになると考える女性も多いようです。

「1人は飽きた」ということもまた、理由としては多いはずです。

そもそも”本当に”相手がいないの?

上記したように「お一人様」という言葉が流行り、晩婚化が進むと同時に独身を貫く女性も増えています。

しかしながら、”自分は自分”なのです。

しばしばとられるアンケートでは、結婚していない理由として
圧倒的に「相手がいない」という意見で占められます。

しかし世の中の半分は男性であり、30年以上生きてきて

「好意を抱く男性が1人もいなかった」という例は非常に稀なことだと思います。

それでは、なぜ相手がいないという結果になっているのでしょうか?

年齢と共に理想が高くなっていませんか?

”相手がいない理由”として1番多いものは、何だかんだ言って理想が高くなってしまっていることです。

「ここまで独身でいたのだから妥協したくない」

こういった考えがは珍しくありません。

しかしながら、現実の自分は逆の方向に向かっていることが事実なのです。

はっきりと言ってしまえば、「男性から見た恋愛対象の女性としての価値」は
年を経ることに減って行ってしまうことがまぎれもない現実です。

そして、もう1つの現実として・・・

高くなりつづける理想を満たす男性は、”すでに結婚している”可能性が高くいものです。

「実は強すぎる結婚願望」が邪魔になることも

2つ目の理由として、結婚願望が強いため
相手が見つかると、つい”がっついて”しまうことにあると思います。

「早く結婚したいオーラ」をまとい始め
男性はそういったオーラに関しては非常に敏感です。

「迫られている」と感じると、”げんなり”してしまう男性は少なくありません。

「結婚」が目的になってしまうことで「恋愛」を楽しめない

以上の理由に共通していることとして・・・

結婚するまでの過程に必要な、お互いを深く知っていくための
「恋愛期間」の重要性が薄れてしまっていることです。

独身中年女性は、若年層・自分が若い頃に比べて
”恋愛を楽しむ”という感覚が、薄れてきている傾向があることは否定できないはずです。

「次に付き合う人=結婚する人」なっているため、「必要ない」とさえ思っている人も多いようです。

しかし結婚するまでには、ある程度のお付き合いの期間
相手のことを知る時間が必要であり、そういった時期にも刻一刻と時間は過ぎています。

  • 「恋愛」を楽しみたいのか
  • 「打算」的な考えを持って「時間」を短縮するのか

それを決めるのも、自分自身になります。

現代は、結婚することに遅い・早いといわれる時代ではなくなっています。

少し肩の力を抜いて、改めて「恋愛を楽しむ」という感覚を取り戻すことが必要なのではないでしょうか?