旦那側の親戚の付き合いが面倒くさい~つらい・疲れる嫁はどうするべき?~

日頃の悩み

「お正月」といった一年の節目となるイベント・期間は、ワクワクした思い出がある一方で
年をとるにつれて、新たな懸念材料や憂鬱な要素が増えてくるものです。

そして、その中でも「恒例の悩み」として挙げられるものが、「親戚」との付き合い方であり
距離を開けても、縮めても、結局は面倒なものとなってしまう典型的な存在です。

そして、いい年になってからの「親戚付き合いの悩み」というと言えば
そのほとんどが、「パートナーの親類」によるものであるはずです。

そのため、親戚付き合いについて悩んでいる人というのは
「既婚」の女性がほとんどであり、「パートナーへの不満」の中でも
義父母含めた、親戚に対する内容は非常に多いようです。

親戚付き合いの何がそんなに嫌?

「姑」との闘いは、すでに終えている方も多いかもしれませんが
やはり「いなくなるまで」なくならない問題でもあり
<会う>こと自体が、そもそも苦痛であるという方も多いと思います。

お正月やお盆を例にしてみれば、料理の準備等は、嫁が手伝うことは伝統的なものであり
それ自体が嫌でないとしても、「小言」を言われることが嫌であり
結局は、一緒にいるだけで何かと言われるものでもあります。

まず面倒なことを避けるためには、「そもそもその場を作らない」という選択肢があります。

しかしながら、現実的にそれは難しいからこそ悩んでいるのです
「2年に1回は病欠」という方法しか、実際には難しいと思われます。

今回は余談になってしまいますが、

お正月は独身のメリットが大きいと言えます。

”嫁に行っていない娘”という立場は、夫の親戚付き合いに悩む女性からすれば天国です。

しかしながら、1つだけ「定番のわ煩わしさ」を挙げるとすれば
「いい人はいないの?」という質問であり、年をとればとるほどしつこく聞かれることになり・・・

やがて「触れられなくなる」話題でもあります。

親戚付き合いを楽にする方法

基本的には、生きている限りは親戚付き合いは避けることができないことが現実です。

しかし、いい意味でも、悪い意味でも”徹底的”になることで、少しは緩和される可能性もあります。

あえて出しゃばる

面倒な親戚付き合いを、できるだけ減らすためには
「来てほしくない・会いたくない嫁」になることも1つの方法です。

「集まる場」に、行かなくてもいい人・いない方がいいと思われるのです。

「手伝いをしない」とか、「手際が悪い」といった嫌味を言われるのであれば
誰よりも率先して出しゃばり、「もう、座っていて」と言われるような
「ちょっと面倒な嫁」を演じてみましょう。

「悪い子じゃないんだけど・・・」と思われるのがベストです。

徹底的に「いい嫁」になる

とは言っても、

そんなことは分かっていても、なかなか現実的ではない・・・と思われる方は
もう、徹底的に丁寧に振る舞うしかありません。

どんなに丁寧に接していても、小言を言う人はいますが
親戚の中でも、目立たない人に対してもご機嫌を伺うことで
一目おかれる・助けてもらえる存在になる可能性もあります。