本気で恋愛がしたい独身中年女性の「理想」と「現実」と「本当に必要なこと」

夫婦仲と恋愛に関する悩み

「恋に焦がれたい」

いくつになってもそう思っている女性
そして、もともとはそういった願望がなくても
ある日を境に「オンナ」としての”目覚め”が訪れることも。

「ときめき」の欲求は、いつやって来るのかは、自分でも分からないものだったりします。

そしてその際に最も困る・悩むことが、「相手がいない」といった”そもそも論”でもあります。

恋愛に関する価値観は、年を取るごとに大幅に変わってくる典型的なものでもあります。

小学校・中学校では「一緒に帰る」だけでよかった、”かわいいものだった”その内容も・・・

高校生・大学生になるにつれ・・・
「大人の恋愛」に憧れ、社会人になり「理想と現実」を知る
こういった一連の・一通りの経験をした女性がたどり着いた
「本当に理想的な恋愛」とは一体どんなものなのでしょうか?

「遅れてきた青春」を楽しむために

”いい年になって新たな恋がしたい”女性は決して少なくなく、それが「遅く来た青春」の場合もあります。

「草食系」「若者の恋愛離れ」などと言われていますが
そもそも「青春」と呼ばれる時期が、若い時期にくるものとは限りません。

更に「個人差」というものがあって当然です。

一般的には「相手」現れて・出会って初めて、「恋」というものが始まることになります。

しかしながら「恋愛がしたい」という女性の場合には
「相手はいないけど」という注釈がつくことが多いようです。

更に、そういった「<相手がいないけど>とにかく恋がしたい」
と思っている女性の割合は、年齢が上昇するにつれ増加することになります。

「結婚してくれるのかどうか」が非常に大切なお年ごろ

結論として、

中年女性が、恋愛に求める最も大きなものとしては
やはり「結婚してくれるのかどうか」という点が、非常に大きな割合を占めると考えられます。

正直に言って、「恋愛を楽しむ」という要素は
求めていない・必要ないという意見を持っている人も多いようです。

「デートの質」や「胸のときめき」といった要素は”二の次”であり
「そういったことは過去に楽しんだ」という人の中には、結婚まで辿り着けずに焦っていることも多いです。

結婚したいけど、独身の状態である理由としては

  • 仕事が忙しすぎた
  • なんとなくタイミングを逃してしまった
  • 「この人」という人が現れなかった

様々な理由・無限の理由が考えられますが、結局は一定の年齢に差し掛かると「焦る」ことになるようです。

  • 高望みしていた女性であっても「あきらめて」
  • 仕事を優先していた人であっても「探し始める」

といったことで対象に求める最優先事項が、「私と結婚する意志がある」というものになります。

そして、それはもちろん”相手側”も同じことです。

基本的には、女性は「年上」の男性と付き合い
男性は「年下」の女性と付き合う傾向がみられます。

それは年をとっても同じで、dekiるのであれば
「同年代か、それ以上」という要望があるはずですが

現実として、それくらいの年代の男性は結婚していることが多く
残っているのは、いわゆる「希望から大きく外れる」男性であることは否めません。

より「過程」が大切なお年頃でもある

”中年になってから”恋愛欲求が高まる女性というのは、

  • バリバリ仕事をしてきた結果恋愛が出来なかった女性
  • 恋愛において、一度「痛い目」にあってしまった女性
  • ずっと「奥手」だった女性

といった女性が、多いと思います。

これは「偏見」でもなく「自然の成り行き」であり、決して気にする・恥ずかしく思うことではありません。

しかしながら「欲求」があるのであれば、前に進むべきであり
「大人」としてしっかりとした「プロセス」を踏めば、自分が本当に求めている恋愛を楽しめるはずです。

どうやって出会う?

恋愛をするために、まず必要なことであり・・・
それがなければ「何も始まらない」こととして、まず<出会い>という要素が挙げられます。

しかしながら、普通の社会人生活を送っていれば”全くない”ということはないはずなのです。

確かに、

  • 「職場恋愛」はいやだ
  • 身近な人には抵抗がある・考えられない
  • 好感を持つ相手がいない

ということは珍しいことではなく、確かに”仕事しているだけ”では
なかなか「恋愛相手」に出会うことが難しいかもしれません。

そういった場合には、「社会人サークル」に入ってみたり
また「知り合い」からの紹介というものも有効になります。

しかしながら1つの懸念事項として、「一定の年齢」を超えた場合には
友達にとっても「紹介」しずらくなってしまうようです。

これが「中年の出会い」の難しいことでもあり、
「若くない」ことによる「メリットの減少」の1つでもあります。

ストライクゾーンを広げることも必要

そのため「希望年齢」を下げることから始める女性が多く
「年上の女性が好き」という男性も多いことから
「年下の男性も可」というよりも「ターゲット」を広げることで
一気に可能性が広がることになるようです。

そして、この「結婚を前提とした」ことを全面に押し出した
お付き合いをしていく場合には、デートは「楽しむ」というよりも
「家庭を作っていく」ことを念頭にした、ある意味「テスト」のようなものです。

  • 最低限の社会常識
  • 周囲への配慮

これらが自分の持っている基準を
満たしてくれるのかが、何よりも重要になってきます。

こう聞くと、何だか「虚しい」気もしますが
「恋愛結婚」に比べ、こうしたある意味「打算的」な結婚は
その後うまくいくという意見も多くあるようです。

「好き」という気持ちをベースとして結婚した場合
その気持ちが薄れると共に「嫌な部分」が見えてくることになります。

一方で、最初から「基準」を満たしているのであれば
「嫌なところ」がない、もしくは我慢ができるため
後は<好きになる>のを待ち、<愛着が沸く>まで付き合ってみることも大切です。

「ネットで出会う」も立派な選択肢となった現代

現在では、「中年カップル」による「ネットでの出会い」が非常に増加してきているようです。

「若者がスマホ片手に」という印象のある「ネットでの交流」ですが
実は、「20代」よりも「30代」更に「40代」の方が
利用者が多いという現実があります。

「ネットでの出会い」は、いわゆる「出会い系」と
呼ばれてしまうこともありますが
「お友達から」といった使い方をしている人も大勢おり
ひと昔前の「文通」の延長線上にあるとも考えられます。
こういった媒体に対して「いかがわしい」と思っているかもしれませんが
「規制」等によって、ひと昔前の「危ない出会い系」というのは
今はほとんど見られず、むしろ「ネット」を介した出会いは

「マッチングサービス」として、一片的に浸透してきているものでもあります。

当然、「プライバシー」等にも徹底して配慮してあり
「普段の社会人である自分」とは違う人間として、楽しんでいる人は男女共に少なくないようです。

恋愛と結婚の違いをもう一度確認しておく

「恋愛」と「結婚」を結びつける人と別物とする人は、非常に極端なようではありますが
やはり「いい年」になったら、「視野に入れて恋をする」ことが、女性は一般的なようです。

一方で、「恋愛はしたい」けど「結婚はちょっと」という女性も最近では増えており
「事実婚」といたものも、度々話題になることでもあります。

また最近では、「お見合い結婚」が、また流行っているようです。

「知り合いに作られた出会い」の場合には
「結婚」という「けじめ」がセットになっていることは、昔から変わらないものであるようです。

それが「遅い」かどうかは誰かに言われる筋合いはない

「いい年」になって、「恋愛をしたい」という気持ちがある
「恋心」が芽生えてしまったことに「恥ずかしい」といった気持ちが
「今からでは情けない」という気持ちが、ある女性は多いようです。

しかし、「自意識過剰」は「可能性」を狭めてしまう、最も大きな要因です。

「恋をすると綺麗になる」というのは、科学的に正しいことが証明されています。

<ときめく>ことで「綺麗になるホルモン」の分泌が活発になるのです。

そしてそれは、「いくつになっても同じ」ことも事実です。

体は恋を求めているのです。

そもそも”遅い”というのは、誰が決めることなのでしょうか?

自分自身が決断し、行動し始めた時が”その時”なのです。